ガスコンロより安全♪ラジエントヒーターの評判は?


ラジエントヒーター炎を使って調理するガスコンロより安全です。
特に高齢者に多いとされる「着衣着火」や火災を防止するにはガスコンロをIHやラジエントヒーターなどの炎が出ない調理器具に変更するのが有効とされています。

ここでは電磁波が少なく経済的であることから欧米では主流の調理器具、ラジエントヒーターについて評価して口コミとしてまとめてみますね。

IHやラジエントヒーターを導入しようと検討しているあなたの参考になれば幸いです。

1 温度検知装置

ガスコンロに関して、次のニュースがあります。

「1年間に発生する火事の中、死者が多い原因はガスコンロの着衣発火。
ガスコンロを使っている時、炎が服に燃え移り、火事を引き起こしてしまう」
(総務省消防庁 より)

消防庁が行ったガステーブル燃焼実験によると……
目に見えることなく、服に着火しすることが分かっています。
(鍋を高温にしつつ、綿100%で出来た服を着ると、服に着火する確率が高くなる)


スポンサードリンク


ラジエントヒーターは温度を知らせる機能がついています。
一定の温度になると、ヒーターが自動的にスイッチを切るよう、働きます。

その上、万が一ラジエントヒーターの電源を切り忘れても、自動的に消してくれます。

2 電磁波

ラジエントヒーターは電磁波がほとんど出ません。
電磁波ってそもそも、人体にどんな影響を与えるのでしょう。

例えば今、あなたがこのサイトを読んでいる手段として、パソコンやスマホ、携帯電話があります。
これらは微量ながら、電磁波を出しています。

この時出る電磁波が原因なのか、時折頭痛がひどく、パソコンをまともに見ることができません。
その上、「がんになってしまう可能性があるよ」と、医療機関が発表しています。
(ただ、現在も研究中とのことで、統計でみるとがん発症確率が高いだけ)

ガスコンロに話を戻すと、ガスコンロや、IHクッキングヒーター、電子レンジ、エアコン……
これらは電磁波が高いと言われています。
しかし、ラジエントヒーターは電磁波クッキングヒーターよりも低くなっています。
だから、電磁波で体が……と、悩む必要がなくなります。

3 一度ですべての電源を切ることができる

一つのスイッチを押すと、すべての電源を切ることができます。
調理している時、時々スイッチ全て切り忘れてしまうと、火事につながる可能性があります。
そこで、ラジエントヒーターは火事を起こさないよう、電源を全て切る設定をしています。

以上、
・温度検知装置
・電磁波が低い
・一度で電源が切れる

この3つから、ラジエントヒーターは安全です。

 

ラジエントヒーターの問い合わせ、お得な導入方法はこちら

 

ラジエントヒーター価格最安値♪ラジエントヒーターのメリット・デメリットは?



ブログランキングに参加しています

旅行・観光 ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ