成田空港、以前は新東京国際空港とも呼ばれていましたが、最近では千葉県の理解も進んだのか、成田空港との呼び方が一般的になりましたね。

東京都心部から近いと言われる羽田空港と違って、成田空港は遠いとの印象から敬遠されがちですが、、成田空港は格安の航空会社、LCCも多数就航もしましたし、利便性も良い!と必死にアピールしています。

ただし、交通機関を上手に使用しないと、やはり異様に時間のかかる空港になってしまいます。

おすすめは東京駅まで、約10分おきに出ている格安高速バス、The access 成田(JRバス関東など)と京成バス、成田空港交通が運行するTokyo シャトルを利用して東京駅まで行き、その後各地!目的地へ移動するのが価格と時間のバランスが取れておすすめだ。東京駅まで約1時間、価格も800円~1,000円で行けるのが嬉しいし助かるところだ。

ただし利用者がたいへん多いので、時間によっては1~2便待つことになるので、ロスタイムには注意が必要、バス停に直接行くと乗れるが、事前に乗車券を購入しておくのがおすすめだ。

または京成のスカイライナーで約40分で日暮里、50分で上野駅まで行くのも、コストは倍以上かかるが、時間は早くて正確なのでおすすめだ。特に成田空港へ行く場合はスカイライナーが良いかもですね。

 成田空港近くのホテルも送迎があって便利ですね!

大阪市営バス?そのままのカラーで活躍する西工(西日本車体工業)製のバス