経済が動くときは人の心理も大きく動くといわれています


平均株価

今日、日経平均株価が700円安とすごい状態になっていました。

他にもツイッタートレンドを見ていると、経済に関する用語が出ています。

画像を見ると長期金利、ドル円に関する内容、他にも欧州株安に関する記事もありました。

経済が大きくニュースになるときは私たちの今後にも影響があるといわれています。

 


スポンサードリンク



株安原因

株安の原因は欧州や米国の株価が落ちたこと。

原油が下落して嫌気現象がおこり、売りが加速したこと。

世界に引っ張られて日本も落ちているということです。

反対に言うと世界が少し良くなれば、日本もよくなっていきます。

 

経済と気持ちの関係

経済は基本「価値」によって動きます。

自分にとって「ほしい」「必要」と感じたものをお金と交換する作業です。

だから「自分にとって悩んでいること」がわかると、そこに対して「解決策がありますよ」

述べたとします。すると取引が成立するようになるのです。

ほしい側は気持ちがあります。買う側が怖いと「控え」たりします。

ただ商品が良ければ何でもいいというわけじゃない。

他にもみるべきところがある。この人はうまくいっているのか、信頼はできるのか……

いろんなデータが重なった結果、購入に至ります。

だから大変な作業ですよね。

ライバルが多いから少しでも目立たなければいけない。

目立つためには時に変なこともしてしまう。

経済も人の心が深く絡み、ただ儲かればいいやと考えている人がいる。

同時に「儲けよりも人の和を重視しよう」考えている。

いろんな気持ちが背後に絡んでいます。

だからこそ経済だけでなく、人の気持ちも考えるとよい方向に向かうかもしれません。

 

困ったことはおきない

今回日経平均株価が下がっておりますが、困ったことはおこらない。

困ったと考えているからますます困る現象になります。

こういうときほど「チャンスだ」思うと、なにかしらいい出会いが出てくると考えています。



ブログランキングに参加しています

旅行・観光 ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ